バドミントン-スマッシュのコツ

バドミントンのスマッシュ力アップのコツを伝授!君もこれで超絶スマッシャーになろう!

足の入れ替えを上手くするだけでスマッシュはもっと速くなる

f:id:pontasensei:20170423000500j:plain

どうも!管理人のポン太先生です。
 
今回はフットワークについてです。
とりわけ、足を入れ替えるときの最重要ポイントについて、話していきますね!
 
あなたはスマッシュを打つときに、普通は足を入れ替えますよね?
 
利き足重心⇒逆足重心
というように、体重移動することで速いスマッシュを打てます。
なので、足は絶対に入れ替えてくださいね。
 
ただし例外として、
フォア奥の飛びつきだけは入れ替えないです。
ここから先の話では、フォア奥の飛びつきは省きますね。
 
足の入れ替えってのは、
右足重心で構えて、ストロークしたら左足で着地する、あれです。
※サウスポーの人は読み替えてくださいね。
 
足を入れ替えるとき、
あなたはどれくらいジャンプしますか?
 
足を入れ替える方法って、実はいくつかあるんですよね。
  1. 地べたをはうように足を入れ替え。⇒ほぼジャンプしない。
  2. 利き足で地面を蹴ってジャンプして入れ替え。
  3. 両足でジャンプして入れ替え。⇒つまりジャンピングスマッシュ。
 
1〜3は、どれも正解です。
まずは、ちゃんと足の入れ替えをすることが大切です。
 
しかし!
速いスマッシュを打つためには、1番の地べたの入れ替えはNGです。
筋肉をフル活用できないからです。
 

最適な腕の角度は体の軸に対して斜めです。 

そのためには、
体を少し倒して腕が地面に垂直になるようにスイングする。
そうすると、速いスマッシュが打てます。

 

スマッシュのときの腕の角度については、この記事にまとめました。よかったら、読んでみてください。↓

 

実はこのように、
体の軸に対して腕を斜めにするスイングは、
体が少しでも宙に浮いていないと難しいんです
 
なので、上で紹介した2番と3番のように、
地面を蹴って打つようにしてください。
これが、足の入れ替えの最重要ポイントです。
 
それぞれ例を動画で見せるので、頭にインプットしてください。
 
1番の例:地べたをはうように足を入れ替え。⇒ほぼジャンプしない。
※赤のウェアーの子に注目

 
いかがでしょうか。
ほぼジャンプをしないので、体の軸を斜めにしきれていません。
 
 
これでは、腕が地面に対して斜めなので、パワーが入りません。
 
2番の例:利き足で地面を蹴ってジャンプして入れ替え。

 
わかりますか?
 
少しジャンプしていて、体を倒してますね。
この打ち方なら、パワーが出せます。
 
 
3番の例:両足でジャンプして入れ替え。⇒つまりジャンピングスマッシュ。

 
最も速いスマッシュを打つための最終形態です。
2番よりもさらにパワーが入ります。
 
これらの動画を参考に、あなたもフォームを見直してみてください。
速いスマッシュが打てるようになりますよ!
 
はい!今回はここまで。
 
ではまた!