バドミントン-スマッシュのコツ

バドミントンのスマッシュ力アップのコツを伝授!君もこれで超絶スマッシャーになろう!

うまい人のスマッシュのフォームは?スイング時の腕の角度について

f:id:pontasensei:20170420210730j:plain

どうも!管理人のポンタ先生です。
 
今回は、ラケットを振るときのフォームについて。
その中でも、特に腕の角度についてお話していきます!
 
速いスマッシュを打つときのフォームで一番重要なのは、
最も力が入る腕の角度を知ることです。
 
ところで、あなたはスリークオーターというフォームを知っていますか?
 
野球のピッチャーがボールを投げるときの角度を意味する言葉です。
他にも、サイドスローとかオーバースローがあります。
 
スリークオーターは、直訳すると4分の3という意味で、ピッチャーが下の写真のように投げるフォームのことです。
 
スリークオーターの例
 

f:id:pontasensei:20170420210503j:plain

 

見てもらったらわかりますが、要はななめ!
ってことですね。
 
かの有名な、ダルビッシュ有選手や田中将大選手も採用している非常に強力なフォームです。
 
バドミントンにおいては、このスリークオーターの位置でスイングすると、最も力が入ります
 
といっても、腕を斜めにするというよりも、体を少し斜めにして、腕は地面に垂直にします。
 
地面に足がついていると、このようなフォームは難しいので、少しでもいいので空中に飛んだ状態で打つことがポイントです。
 
バドミントンのスリークオーター例①
 
f:id:pontasensei:20170420210509j:plain
 
バドミントンのスリークオーター例②
 

f:id:pontasensei:20170420210534p:plain

写真を見てわかりましたか?
 
少し飛んでますよね。
そして体を少し斜めにして、スリークオーターの位置で打っています。
 
これが、最もスマッシュを速く打てる腕の角度です。
あなたも、今のフォームを確かめてみてくださいね。
 
はい!今回はここまで。
 
ではまた!