バドミントン-スマッシュのコツ

バドミントンのスマッシュ力アップのコツを伝授!君もこれで超絶スマッシャーになろう!

テイクバックの最適な肘の高さとは

f:id:pontasensei:20170418211639j:plainどうも!管理人のポン太先生です。
 
今回はスマッシュを打つときのテイクバックの取り方についてお話しします!
 
テイクバックのときには、特に肘の高さが重要なので、今回はそこに焦点を当てていきたいと思います。
 
さて、
スマッシュを打つとき、あなたは肘をどの高さにテイクバックしますか?
 
ポン太先生から答えを言う前に、ちょっとイメージして欲しいことがあります。
 
たとえば、
何かをたたくとき、前にドーンって叩くのと、上から下に叩くのとどっちが力が入りますか?
 
上から下に叩く方が力が入りますよね。
 
ポン太先生は小さいころイタズラっ子で、よく母親に引っ叩かれました。
 
そのとき母親が使っていた技術がこの上から下に叩く技術です!
それはもう、とっても痛かったです。。。泣
 
上から下に叩き落とす。
 
バドミントンでも、これが大事です。
 
では話をもどして、、答えを言います!
強いスマッシュを打つために、肘の高さはどこにあるべきかというと、肩の高さです。
 
ただし!
シャトルを追いかけているときは、ヒジはまだ低い位置にあります。
 
利き足で地面を蹴ったときに、肘を肩の高さに持ってきて、そこから振り下ろすイメージです。
 
いいフォームの例を見せるので、参考にしてくださいね。

 
見ていてわかりましたか?
右足で地面を蹴ってから、肘を肩の高さに持ってきて、そこからラケットを加速させていますね。
 
スマッシュは、このように上から下に叩き落とすイメージで打ちましょう。
 
そして、そのためにテイクバックの肘の高さは肩の高さです。
 
覚えておいてくださいね。
 
はい!今回はここまで。
 
ではまた!